Rikuの備忘録〜心と身体と健康のお話〜

数あるブログの中から「Rikuの備忘録」に訪れて頂きありがとうございます。日々の生活の中での気づきや学びについて皆様と情報を共有出来たらと、思っています。どうぞよろしくお願い致します。

食事回数

今回は一日の食事の回数についてお話しさせていただきます。

 

食事を一日に3回食べている方が多いのではないかと思います。

しかし、必ずしも一日に3食しっかりと食事を摂らないと栄養が不足してしまったり、

病気になりやすいという訳ではありません。

一回の食事で量が食べられないという方は小分けにして食べてもらったりしますが、一回の食事に一定の量が食べられるという方は3食しっかりと食べなくても良いのです。

 

ではなぜ!?食事は一日3回という形になったかというと、色々な説があるのですが、

トーマス・アルバ・エジソン”は皆さんご存知ですね!?

そうです!発明王エジソンさんです。偉い人ですね!!

1910年にエジソンはトースターを発明したのですが、売れ行きが悪く困っていました。

そこでとある記者の方が「どうして素晴らしい発明ができるのですか!?」との問いに
私はこのトースターを使って朝トーストを焼き一日3食たべているからだ!!」と答えた様です。

この話を聞いた人たちは、エジソンさんにあやかろうと一日3食摂り、朝はエジソンの発明したトースターを食べる様にになったといわれています。

 

その結果トースターは売れに売れ相当儲かったのかな!?

 

必ずしもその話が元となり世間に普及した訳ではありませんが、
エジソンさんは物の発明と人々の習慣をも変えてしまったのですね。
著名人の影響力は凄まじいものです。