Rikuの備忘録〜心と身体と健康のお話〜

数あるブログの中から「Rikuの備忘録」に訪れて頂きありがとうございます。日々の生活の中での気づきや学びについて皆様と情報を共有出来たらと、思っています。どうぞよろしくお願い致します。

高血圧

今回は生活習慣病のひとつである高血圧についてお話しさせて頂きますね。

 

病院や健康診断で「血圧が高めですね」と言われたら、皆様もびっくりして

心配になってしまいますね。

 

血圧とは、血管内の血液の有する圧力のことをいい、動脈の血圧のことで、

心臓の収縮期と拡張期の血圧をいい、それぞれ収縮期血圧(心臓が収縮し血液が絞りだされる様に大動脈に送り込まれる時の血圧でこの時の血圧を最高血圧といいます)と拡張期血圧(心臓が拡張すると全身を巡ってきた血液は心臓に戻り、血圧は最も低くなる{最低血圧})と

呼びます。

 

正常の範囲を超えた状態を高血圧と呼びます。

日本高血圧学会によると収取期血圧(最高血圧)140mmHg以上または拡張期血圧(最低血圧)90mmHg以上の状態が高血圧とされています。

 

が!!あまり数字を気にしすぎない様にして下さい。(^_^)

 

なぜかというと老若男女問わず同じ基準値で見極めることは容易ではないのです。

以前は血圧は「年齢+90」を目安にしていた様です。※僕は26歳なので26+90=116

この様に年を重ねる毎に血圧は高くなるものですし、妊娠中の妊婦さんや高齢の方を

同じ基準値にしてしまうのは難しいですね^^;

 

また、治療院に来院して緊張して血圧が高くなってしまう方も少なくありません。

 

症状が起きてしまっている状態には必ず原因があります。それは境的な要因(ストレス社会)生活習慣(飲食不摂生)も血圧を高くしてしまう原因となります。

食事の内容では広く塩が悪いと言われていますが、精製されていない天然の塩や岩塩は

血圧を高くする事はない様です。

 

塩より危険なものは、糖分(砂糖)です!!

当分食べるのは控えましょう!!

 

普段の生活でイライラしないでいつもニコニコして食事の内容に注意して

頂けたら血圧も安定してきますので安心して下さいね(*^▽^*)