Rikuの備忘録〜心と身体と健康のお話〜

数あるブログの中から「Rikuの備忘録」に訪れて頂きありがとうございます。日々の生活の中での気づきや学びについて皆様と情報を共有出来たらと、思っています。どうぞよろしくお願い致します。

花粉症

 

皆様こんにちは!今回は花粉症についてお話させて頂きますね!!!!

 

花粉症とはアレルギーの一種で、アレルギーとは免疫反応が特定の抗原(免疫反応を

引き起こさせる物質の総称)に対して過剰に起こることをいいます。

外かた体内に入ってきた異物(抗原)を排除する為に働くものですので、体にとっては

 

必要な生理機能です。

アレルギー性疾患としては、アトピー性皮膚炎アレルギー性鼻炎(花粉症)、アレルギー性結膜炎、アレルギー性胃腸炎、小児喘息、食物アレルギーなどが代表的です。

 

よくテレビやネットでは「花粉症は徐々に体に蓄積されてやがて発症します」という情報が

流れることがありますが、あまり気にしなくて大丈夫です。

 

お子さんの場合で成長する過程で高い自然治癒力が発揮されて花粉症や喘息が治った例もありますので、蓄積されて発症しるという説に矛盾が生じますね。

 

僕も小学校の高学年位から高校生までは花粉症に悩んでいました。

毎年耳鼻科に行っては点眼薬や点鼻薬を処方されていたのですが大学生位からピタリと

症状がでなくなりました。

 

上記でアレルギーとは異物を排除すると書きましたが実は花粉は人体にとって害はないのです。

 

ではなぜ??花粉に反応しているかというと花粉に反応しているのではなく花粉に付着している排気ガス汚染物質に反応して体から排除しようとアレルギー症状が起こるのです。

事実、都会より花粉の量の多い山林に行くと花粉症の症状がでないという人が多い様です。

 

花粉症は生活改善することによって症状が緩和することがあります。

具体的には砂糖や油(リノール酸)を多く摂取すると鼻水の量が増えて不快な症状が

増していきます。

油は、青魚やえごま油や亜麻仁油のどのオメガ3と呼ばれる不飽和脂肪酸は悪い油であるリノール酸を体から排除してくれますのでオメガ3の油を摂る様にして下さい。

ただ、えごま油も亜麻仁油も過熱調理不可ですので注意して下さい。

 

日々の生活を少し見直すだけで悩みが改善されると良いですね。