「鍼灸師Riku」の心と身体と健康のブログ

野球大好き鍼灸師Rikuの心と身体と健康のブログです。生活の中での心と身体、健康と野球についてわかりやすくお話しさせていただきます!

抑圧された世界

この世界には抑圧されることが多い・・・

 

子供たちが遊ぶ公園には、怪我防止の為か昔遊ばれていた遊具が

撤去されていたり、柵が取り付けられていてその光景を目の当たりにすると

虚しい・・・

 

子供が怪我をする前に・・・

 

危機管理能力が研ぎ澄まされたお陰なのか大事に至る前に行動している

 

遊びの行動範囲の抑圧

 

子供が包丁を持ってはいけない

 

包丁で手を切ってはいけない・・・

 

社会においての抑圧も多い、

 

出る杭は打たれる

 

成果や結果を出しても誰彼のお陰、、、

 

しかし、仕事のミスや失敗をしたら誰彼のお陰(所為)、、、とはならない。

 

感情の面で抑圧され、本気で遊ぶことも達成感も味わえない

 

子供も社会人も一人一人違った物語(ドラマ)があり

成長過程(プロセス)がある。

 

確かに怪我をするすることも手を切ってしまうことも

仕事でのミスもある

 

何事もミスや失敗は”0(ゼロ)”が望ましいのだが、

怪我やミスをする事で人は学ぶこともあるだろう

 

痛い思いをしたからその人の危機管理能力が磨かれる

 

ミスをすることで成功への糧となる

 

一人の人間の成長過程(プロセス)においてミスや失敗をすることはある程度は、必要なのではないかと思う

 

抑圧された世界から飛び出そう!!

 

自由で何にも制限のなく抑圧も差別も偏見もない

 

世の中にしていきたい