「鍼灸師Riku」の心と身体と健康のブログ

野球大好き鍼灸師Rikuの心と身体と健康のブログです。生活の中での心と身体、健康と野球についてわかりやすくお話しさせていただきます!

楽天の歴史を築いた元エースの帰還?? 岩隈投手マリナーズを退団

先日、嬉しいニュースがありました!!
www.nikkansports.com

 

現シアトル・マリナーズ所属の岩隈久志投手が、2012年に海を渡ってから7年過ごしたマリナーズを退団するそうです。

 

岩隈投手というと、今は亡き大阪近鉄バファローズからオリックス・バファローズに移籍し移籍に伴う騒動の末、新興球団である東北楽天ゴールデンイーグルスに金銭トレードで移籍しましたね!!

 

当時の楽天というと他球団から戦力外になった選手や実績のない若手選手の寄せ集めの球団状態でした。

 

そんなチームに実績のある、前年度最多勝のタイトルを獲得した岩隈投手は楽天に移籍して来てくれました。

 

端正の取れたルックスに女性ファンも多くスタイルも抜群でマウンドでの佇まいはカッコ良い投手でした。

 

楽天に移籍した2005年から3年間は怪我や不調に苦しみ満足に自分のピッチングができませんでいましたが2008年に大活躍しましたね。

 

21もの勝ち星を挙げて最多勝と最高勝率、最優秀防御率のタイトルを取り、チームは5位にもかかわらず最優秀選手(MVP)と先発投手の一番の栄誉ある賞である沢村賞とタイトルを総なめにしました。

 

それなのにチームは5位って^^;

 

翌2009年も活躍しチームを初の2位でクライマックスシリーズ進出に導きました。

 

岩隈選手がお立ち台で語った「テッペン(日本一)とるの本気ですから〜」

という言葉はとても覚えています。(あまり流行りませんでしたが^^;)

 

クライマックスシリーズ第2ステージでは普段は先発投手なのに自ら志願してリリーフ登板しましたが、ターメル・スレッジ選手に勝負を決定づけるホームランを打たれて涙を流した姿はカッコよかったです。

 

楽天の創設時のメンバーは岩隈選手以外は一人も残ってはいません。

最後のメンバーになります。

 

楽天の歴史は岩隈選手と共にあります

そんな岩隈選手が楽天に復帰となれば宮城県いや東北全体が盛り上がるのではないでしょうか。

 

2013年に楽天は優勝し日本一にもなりましたが、この時は岩隈選手は退団していたので、優勝を経験しておりません。

 

来年もし復帰となったら、則本投手、岸投手、美馬投手、岩隈投手の4本柱を形成できます!!

 

そこに塩見投手に辛島投手に藤平投手に安楽投手に古川投手と投手陣が豪華になりますね!!

 

そんな妄想で楽しめます。

 

岩隈投手がどれくらい投げられるのか、怪我の影響はどうなのかはわかりませんが、楽天にいる若手の良き手本として是非とも復帰してもらいたいものです。

 

そして今度こそ「テッペンをとるの本気ですから〜」を実現してもらいたいです。

 

今年のストーブリーグはとても楽しみです。すでに心は来シーズンです⭐️